東京都健康安全研究センター
WHOに報告されたヒトの鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例 (2003-2009)

更新日:2015年2月25日

 

  2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
確定 死亡 確定 死亡 確定 死亡 確定 死亡 確定 死亡 確定 死亡 確定 死亡
症例数 例数 症例数 例数 症例数 例数 症例数 例数 症例数 例数 症例数 例数 症例数 例数
アゼルバイジャン             8 5            
バングラディシュ                     1      
カンボジア         4 4 2 2 1 1 1   1  
中国 1 1     8 5 13 8 5 3 4 4 7 4
ジブチ             1              
エジプト             18 10 25 9 8 4 39 4
インドネシア         20 13 55 45 42 37 24 20 21 19
イラク             3 2            
ラオス                 2 2        
ミャンマー                 1          
ナイジェリア                 1 1        
パキスタン                 3 1        
タイ     17 12 5 2 3 3            
トルコ             12 4            
ベトナム 3 3 29 20 61 19     8 5 6 5 5 5
合計 4 4 46 32 98 43 115 79 88 59 44 33 73 32
確定症例数は死亡例数を含んでいます(2015年1月6日現在)

 ヒトへの感染例はこれまで2003年12月 のハノイ(ベトナム)での発生が最初とされていましたが、2003年11月に北京(中国)でH5N1型のヒトへの感染例が発生していたことが実験室診断によって確認されました(2006年8月8日WHO発表)。

WHOのページは → Cumulative number of confirmed human cases of avian influenza A(H5N1)

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2015 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.