東京都健康安全研究センター
腸管出血性大腸菌感染症の流行状況(東京都 2011年)

更新日:2012年2月10日

1 患者報告数の推移

 

最新の届出患者数は こちら (WEB版感染症発生動向)をご覧下さい。
過去5年間の発生状況

 (注1)2007年は22、23週(5月28日~6月10日)で大きく増加しました。
 この多くは食中毒の集団発生によるものです。
 (注2) 2008年は8月以降、保育園における集団発生が複数報告されました。
  ※エクセル形式でのダウンロードはこちら

 

2 病型別・年齢階級別報告数

 年齢別に見ると、20代が2割と最も多く、次いで30代でした。
また、無症状病原体保有者は成人が約9割を占めました。

 

 

3 受理保健所別報告数

 

 

4 推定感染地域・推定感染経路

 推定感染地域は、9割以上が国内でした。
推定感染経路は、経口が半数近くを占めました。
経口感染の内訳は、肉類の摂取が原因と推定される事例が約3割、魚介類とその他食材が1割程度でした。

 

 

*感染原因が「経口」および「経口・接触」の内訳

 

5 O血清群とベロ毒素型

 報告のあった届出のうち、全体の7割以上がO157でした。
ベロ毒素型は、O157ではVT1・VT2が半数を占めましたが、O26やO111ではVT1が多く報告されました。 なお、O血清群の『その他』は、O91、O103、O165などでした。

 

 

 

東京都感染症情報センター
(東京都健康安全研究センター健康危機管理情報課)
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
電話:03-3363-3231(代)
FAX:03-3368-4060
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2017 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.