東京都健康安全研究センター
東京都におけるインフルエンザ集団事例の状況(2010-11年シーズン <2010年9月6日〜2011年9月4日まで>)

更新日:2011年9月7日

 2010年第36週(9月6日)以降の、インフルエンザ様疾患による集団事例*の報告数は以下のとおりです。2010年12月までのウイルス検査では、AH1pdm09(2009年に流行した新型インフルエンザウイルス)及びA/H3N2(A香港型)が検出されました。
 *学級閉鎖等が行われた場合、あるいは施設等から保健所に集団発生の報告があった場合

 

 

  保育園
・幼稚園
小学校 中学校 高等学校 その他の学校等 医療機関 社会福祉施設 合計

2010-11年シーズン累計
2010年9月6日〜2011年9月4日

398 1897 206 26 18 8 18 2571

 

施設数等のエクセル形式でのダウンロードはこちらへ(2010年3月29日以降の情報を含む)

 

(1)都内学校等におけるインフルエンザ様疾患による臨時休業報告(再掲)

 2010年9月6日以降に、インフルエンザ様疾患による臨時休業を行い、保健所に報告のあった施設数は以下のとおりです。

  保育園 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 その他 合計
2010-11年シーズン累計
2010年9月6日〜2011年9月4日
4 226 1894 203 25 5 2357
2009-10年シーズン累計
2009年9月〜2010年8月末
42 905 6196 2360 674 86 10263
 
 

(2)集団事例のインフルエンザウイルス型別検出割合(2010年9月6日〜12月26日まで)

 2010年9月6日から12月26日までに報告のあったインフルエンザ様疾患による集団事例のうち、ウイルス検査を行った結果は以下のとおりです
 *インフルエンザ流行早期探知のために行っていた集団事例の検査は、定点当り報告数が1人を超えた時点で終了しました。

 

 

 
亜型検出数 AH1pdm09 AH3亜型
(A香港型)
AH1亜型
(Aソ連型)
B型 陰性 合計
合計 11 31 0 0 6 48
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2014 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.