東京都健康安全研究センター
インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(東京都 2014-15年シーズン)

更新日:2015年5月25日

1 AH1pdm09ウイルスのHA遺伝子系統樹

 AH1pdm09のウイルスは昨シーズンと同様のウイルスであり、ワクチン株と比較しても大きな変異はみられませんでした。

 

東京都におけるAH1pdm09インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるAH1pdm09インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2014-15年シーズン)

 

画像をクリックすると大きい画像が表示されます
PDFファイルは こちら から  

 

2 AH3亜型ウイルスのHA遺伝子系統樹

 AAH3亜型の流行株は、2014/2015年シーズンのワクチン株と比較して変異の少ない流行株①と②および、ワクチン株から少し離れた③の3系統のウイルスで、そのうちの③が主に流行しました。

 

東京都におけるAH3亜型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるAH3亜型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2014-15年シーズン)

 

画像をクリックすると大きい画像が表示されます  
PDFファイルは こちら から  

 

3 B型ウイルスのHA遺伝子系統樹

 B型流行株は、今シーズンはYamagata系統が主な流行株となりました。今シーズンの流行株は、2014/2015年シーズンワクチン株よりも、2012/2013年シーズンワクチン株に近いウイルスでした。また、昨シーズンの株と比べて変異が少なく、同様のウイルスが流行しました。

 

東京都におけるB型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるB型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2014-15年シーズン)

 

画像をクリックすると大きい画像が表示されます
PDFファイルは こちら から  

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2015 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.