東京都健康安全研究センター
インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(東京都 2017-18年シーズン)

更新日:2018年6月20日

1 AH1pdm09ウイルスのHA遺伝子系統樹

 AH1pdm09の流行株は、ワクチン株と同じグループに属しており、HI試験ではワクチン株と同等の反応性がみられ、抗原性に大きな差は認められませんでした。

東京都におけるAH1pdm09インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるAH1pdm09インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2017-18年シーズン)

画像をクリックすると大きい画像が表示されます
PDFファイルは こちら から  

2 AH3亜型ウイルスのHA遺伝子系統樹

 AH3亜型の流行株は、系統樹上では2つのグループに分かれましたが、すべてワクチン株と同じグループに属しています。HI試験を実施できた株のうち約半数の株でワクチン株抗体に対する反応性の低下がみられました。

東京都におけるAH3亜型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるAH3亜型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2017-18年シーズン)

画像をクリックすると大きい画像が表示されます  
PDFファイルは こちら から  

3 B型ウイルスのHA遺伝子系統樹

 B型流行株はYamagata系統の株が主流(99%)を占めました。Yamagata系統及びVictoria系統の株はいずれも系統樹上ではワクチン株と同じグループに属していましたが、HI試験ではYamagata系統株の約25%でワクチン株抗体に対する反応性の低下が認められました。

東京都におけるB型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるB型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2017-18年シーズン)

画像をクリックすると大きい画像が表示されます
PDFファイルは こちら から  

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します ご利用にあたって
© 2018 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.