東京都健康安全研究センター
インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(2008−2009年シーズン)

さらに詳しい情報は こちら(東京都微生物検査情報)へ

 

1 AH1pdm09ウイルスのHA遺伝子系統樹

2008-09年シーズン後半から都内で検出され始めた流行株は、ワクチン株(A/California/7/2009) と類似であることがわかりました。

2 AH1亜型ウイルスのHA遺伝子系統樹

2008-09シーズンのA/H1亜型流行株は本シーズンのワクチン株(A/Brisbane/59/2007)を含む枝の延長上にあり、2007-08年シーズンの流行株の一部と類似であることがわかりました。

3 AH3亜型ウイルスのHA遺伝子系統樹

2008-09シーズンのA/H3亜型流行株は本シーズンのワクチン株(A/Uruguay/716/2007)を含む大きな群に属していましたが、アミノ酸の相同性が95.7〜96.8%であり、ワクチン株から少し分岐したところに位置していました。

4 B型ウイルスのHA遺伝子系統樹

2008-09シーズンのB型流行株はVictoria系統の株であり、本シーズンのワクチン株(B/Florida/4/2006)が属する山形系統の株とは異なる系統でした。また流行株は、Victoria系統の枝の中で二つの群に分かれていました。

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.