東京都健康安全研究センター
侵襲性肺炎球菌感染症 Invasive pneumoniae disease

更新日:2015年9月3日

1 侵襲性肺炎球菌感染症(invasive pneumococcal disease; IPD)とは

 侵襲性肺炎球菌感染症は、肺炎球菌による侵襲性感染症(本来無菌環境である部位から起因菌が分離された感染症)のうち、この菌が髄液又は血液から検出された感染症のことをいいます。髄膜炎、菌血症*を伴う肺炎、敗血症**などが特に問題とされており、小児および高齢者を中心に患者報告があります。

*菌血症:無菌であるはずの血流中に細菌が存在する状態をいいます。免疫が正常な健常者であれば、自身の免疫によって体内から自然に除去されますが、特に免疫力が低下している場合は、感染症や敗血症の引き金になる可能性があります。

**敗血症:血液中に細菌が侵入したことにより引き起こされる感染症によって全身性の反応が起こることをいいます。典型的な全身性の反応として、発熱、脱力、心拍数の増加、呼吸数の増加、白血球の増加などがみられます。

 

2 病原体と感染経路

 病原体は、肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae)です。小児の鼻咽頭に常在していることが多い菌で、中耳炎や肺炎の原因菌としてしばしばみられます。

 感染経路は、患者の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる細菌による感染(飛まつ感染)です。感染したとしても必ず発症するわけではありません。

 

3 症状

 潜在期間は不明で、症状は小児と成人で異なります。

小児

 発熱を初期症状とした菌血症が多くみられます。成人とは異なり肺炎を伴いません。また髄膜炎は、中耳炎に続いて発症することがあります。

成人

 発熱、咳、痰、息切れを初期症状とした菌血症がみられ、肺炎を伴うことが多いです。髄膜炎の場合、頭痛、発熱、けいれん等の症状が現れます。

 

4 治療

 抗菌薬が有効ですが、近年耐性菌も多く報告されています。

 

5 予防のポイント

 侵襲性肺炎球菌感染症の予防にはワクチンの接種が有効です。

23価肺炎球菌多糖体ワクチン

 2歳以上で肺炎球菌による重い疾患にかかる危険性が高い人と、高齢者(65歳以上)が接種対象です。2014年10月から高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンが定期接種となりました。

13価肺炎球菌結合型ワクチン

 2013年4月の予防接種法の改正に伴い、肺炎球菌(7価結合型)ワクチンは定期接種となり、同年11月より13価結合型が導入されました。

日本の小児における予防接種スケジュール(国立感染症研究所)

 

6 診断・感染症法との関連

 髄液、血液を採取し、分離・同定による病原体の検出、又は、PCR法による病原体遺伝子の検出を行うか、髄液を採取し、ラテックス法を又はイムノクロマト法による病原体抗原の検出を行います。

 2013年4月1日に感染症法施行規則が改正され、侵襲性肺炎球菌感染症は五類感染症(全数把握対象)として定められました。本感染症と診断した医師は7日以内に最寄りの保健所へ届け出ることが義務付けられています。

 

7 さらに詳しい情報が必要な方は

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2015 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.