東京都健康安全研究センター
薬剤耐性緑膿菌感染症 Multi-drug-resistant Pseudomonas aeruginosa infection

更新日:2016年10月20日

1 薬剤耐性緑膿菌感染症とは

 薬剤耐性緑膿菌感染症とは、通常の緑膿菌感染症の治療に使用する抗菌薬である広域β-ラクタム剤、アミノ配糖体、フルオロキノロンの3 系統の薬剤に対して耐性を示す緑膿菌による感染症です。

 

2 原因と感染経路

 病原体は、薬剤耐性を示す緑膿菌(Multi-drug‐resistant Pseudomonas aeruginosa)です。

 緑膿菌は水回りなどの生活環境中に広く常在しています。また、人体内の常在菌でもあり、口腔や腸管内にも生息していることがあります。細菌感染症に対する抵抗力が低下した入院患者など、特に手術後の患者は感染し発症する危険性が高くなりますが、典型的な日和見病原細菌であり健常者には無害です。

 主な感染経路は、薬剤耐性緑膿菌によって汚染された手指や医療器具による接触感染です。

 

3 症状

 一般的な緑膿菌による感染と同じです。感染部位の褥創や、菌血症や敗血症による高熱、寒け、震え、発汗などがおこり、重症の場合には、血圧降下、無尿、敗血症性ショックをおこすことがあります。

 

4 治療

 効果のある抗菌薬を調べ、その抗菌薬を用いて治療します。効果のある抗菌薬がない場合には、治療が困難となります。

 

5 予防のポイント

 健康な人の感染は心配ありませんが、病院に入院している人を見舞うなどの際には、手洗いと消毒をしっかり行うようにしましょう。

 院内感染対策として、流し台などの水回りや、ドアノブ、手すりなど手が触れる場所の清掃・消毒により院内の環境を清潔に保つことや、人工呼吸器などの医療器具の消毒や手洗いを徹底することが重要です。

 免疫機能異常、慢性肺疾患など基礎疾患を持っている方は、基礎疾患の治療を適切に行うことも感染予防のために大切です。

 

6 診断・感染症法との関連

 診断は、病原体を検出し、その薬剤耐性を確認して行います。

 感染症法では、五類感染症として定められており、基幹定点医療機関から毎月患者数が報告されています。

 

7 さらに詳しい情報が必要な方は

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.