東京都健康安全研究センター
麻しんの流行状況(東京都2007年以前)

 感染症法が施行された1999年4月から2007年まで、麻しんは定点医療機関から報告される疾患として位置づけられていました。
 15歳未満の患者については小児科定点医療機関より、15歳以上の成人麻しんについては基幹定点医療機関より報告されていました。
 麻しん及び成人麻しんは、1999年以降では2000年〜2003年及び2007年に患者報告の集積がありました。

 

1 麻しん(小児科定点医療機関からの報告)

小児科定点医療機関からの麻しん報告の推移

 

2 成人麻しん(基幹定点医療機関からの報告)

基幹定点医療機関からの成人麻しん報告の推移
東京都感染症情報センター
(東京都健康安全研究センター健康危機管理情報課)
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
電話:03-3363-3231(代)
FAX:03-3368-4060
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2017 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.