東京都健康安全研究センター
麻しんQ&A

更新日:2014年4月24日
東京都健康安全研究センター作成

PDFファイルでも提供します(約320KB)

 

  ● 目次 

 

I 麻しんの基礎知識

Q1 麻しんとは?

Q2 麻しんの症状は?

Q3 麻しんの合併症は?

Q4 修飾麻しんとは?

Q5 麻しんの感染経路、感染力は?

Q6 麻しんの治療法は?

Q7 麻しんの予防法は?

Q8 麻しんにかかりやすい人はどんな人ですか?

Q9 麻しんがなぜこれほど問題にされるのですか?

 

II ワクチン関連

Q1 ワクチンの効果は?

Q2 ワクチンによる免疫はどのくらい持続しますか?

Q3 ワクチンの副反応は?

Q4 どんな人が接種対象者ですか?

Q5 麻しんの予防接種は、どうして2回必要なのですか?

Q6 乳児(1歳未満)に接種可能ですか?

Q7 卵アレルギーの子供に接種可能ですか?

Q8 妊娠の可能性がある場合の注意点は?

Q9 妊娠の可能性がある場合、麻しん風しん混合(MR)ワクチンに注意が必要な理由は?

Q10 授乳婦に接種可能ですか?

Q11 麻しんワクチンの再接種では副反応が強くなることはありませんか?

Q12 幼児期の接種でひどい副反応が出た場合、再接種しても大丈夫ですか?

Q13 家族に妊婦がいる場合,ほかの家族が麻しん風しん混合(MR)ワクチンを接種してもよいでしょうか?

Q14 過去に麻しんまたは風しんにかかったことがあっても、麻しん風しん混合(MR)ワクチンを接種して大丈夫ですか?

Q15 過去に麻しんにかかっています。予防接種を受けなくてもよいですか?

Q16 接種がだいぶ前なので、まだ抗体があるかどうか検査したいのですが?

Q17 麻しんにかかって免疫をつけた方が、ワクチン接種よりもよいのでは?

Q18 ワクチンは、海外から持ち込まれた麻しんウイルスにも効果がありますか?

 

III 麻しんへの対応

Q1 麻しんに対する免疫がなくて麻しん患者と接触したときは?

Q2 周りに麻しん患者が出たとき、1歳未満の子にワクチン接種ができますか?

Q3 妊娠中(またはその予定)ですが、周りで麻しんが流行しています。注意点は?

Q4 麻しんかもしれないのですが、受診する際の注意点はありますか?

Q5 麻しんにかかったら、いつまで学校・職場を休む必要がありますか?

Q6 予防のためにガンマグロブリン投与を受けましたが、ワクチン接種の必要は?

Q7 麻しんで学校等が臨時休業(学校閉鎖等)になるのはどのようなときですか?

Q8 麻しんによる臨時休業中(学校閉鎖等の間)に注意することは何ですか?

Q9 学校等で行事の前に麻しん患者が発生していたら?

Q10 学校等で麻しん患者が発生しているときの学外活動は?

Q11 修学旅行や遠足の前に学校等で麻しん患者が発生したら?

Q12 修学旅行や遠足の最中に麻しん患者が発生したら?

 

IV 最近の麻しんの発生状況

最新の情報はこちらからご覧ください。

 

V 麻しん排除に向けた取り組み(一部は保健医療関係者向け)

Q1 2008年から麻しんが全数報告(全数把握対象疾患)となった理由は?

Q2 麻しん排除のための国内の具体的な取り組みは?

Q3 どのような状態を麻しん排除 (elimination)というのですか?

Q4 (参考)2007年までの定点報告について

 


VI Q&Aの出典

麻しんQ&A(国立感染症研究所)

麻しん予防接種情報(国立感染症研究所)

麻しんに関する各種ガイドライン(国立感染症研究所)

麻しん(はしか)に関するQ&A(厚生労働省)

予防接種に関するQ&A集(細菌製剤協会)

東京都感染症情報センター
(東京都健康安全研究センター健康危機管理情報課)
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
電話:03-3363-3231(代)
FAX:03-3368-4060
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2015 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.