東京都健康安全研究センター
性感染症病原体定点からの検体搬入状況およびウイルス検査結果(2007年11月-2008年7月)

表1 性感染症病原体定点からの検体搬入状況(2007年11月-2008年7月)

  男性 女性
細菌・クラミジア等検査 性器クラミジア感染症 36 29 65
淋菌感染症 31 1 32
尿道炎 128 0 128
膣トリコモナス症 0 4 4
カンジダ症 0 1 1
膣炎、剄管炎 0 11 11
その他 0 15 15
ウイルス検査 性器ヘルペス感染症 24 14 38
尖圭コンジローマ 29 9 38
  248 84 332


表2 クラミジア・淋菌検査結果

  検体数 クラミジア 淋菌
遺伝子 遺伝子 分離
男性 性器クラミジア感染症 36 13 12 8
淋菌感染症 31 22 24 14
尿道炎 128 40 25 14
女性 性器クラミジア感染症 29 20 2 2
淋菌感染症 1 1 1 0
膣炎、剄管炎 11 2 2 1
その他 15 12 0 0

 

 


 

表3 ヘルペスウイルス検査結果(2007年11月-2008年7月)

  検体数 HSV-1 HSV-2
遺伝子 遺伝子
性器ヘルペス感染症 男性 24 4 9
女性 14 4 5
38 8 14

 

 


 

表4 パピローマウイルス検査結果(2007年11月-2008年7月)

  検体数 HPV
遺伝子
尖圭コンジローマ 男性 29 25
女性 9 8
38 33
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.