東京都健康安全研究センター
コレラの発生状況(1996年)(第18巻、8号)

コレラの発生状況(1996年)(第18巻、8号)

 

1997年8月

 


 

 1996年1−12月に厚生省に届けられた我が国におけるコレラの発生件数及び患者数は、55件62名(真性患者40名、疑似患者22名)で、発生件数、患者数とも前年に比して大幅に減少した。これらのうち、海外旅行者による輸入事例は42件49名(真性患者29名、疑似患者20名)で、その旅行先はいずれもアジア地域であり、前年のように特定の旅行地(インドネシア・バリ島)に集中することはなかった。推定感染国別では、タイが最も多く13件16名(疑似患者4名を含む)、次いでインド10件13名(同5名)で、インドネシアは6件6名(同3名)に過ぎなかった。一方、海外旅行歴のない国内発生例は1都2府8県において13件13名(真性患者11名、疑似患者2名)が報告された。いずれも散発例で、5月と11月の各1例を除き、これまでと同様に7−9月の夏期に集中していた。なお、本年の真性患者からの分離コレラ菌は全てエルト−ル小川型であった。

 次に、WHOの報告に基づき世界のコレラ発生状況を紹介する(WHO Weekly Epidemiological Record, 72(31),1997)。本年も1994年以降の罹患者数の減少が続き、その総数は前年の31%減の143,349 名で、発生国数も7か国少ない71か国であった。しかしながら、死者数は前年より多い6,689名であり、致死率は2.4%から4.7%に上昇した。

 大陸別発生状況は、前年著しい減少をみたアフリカ大陸で再び増加傾向を示し、28か国から108,535名の罹患者と6,216名の死者が報告された。罹患者数は前年の1.5倍であり、これは世界全体の76%に相当する。また致死率は前年の4.3%から5.7%に上昇し、各大陸中最も高かった。過去5年間の本大陸におけるコレラ禍は、南部アフリカから中央アフリカに広がり、1995年に西部アフリカに侵入(汚染国5か国)、本年さらに拡大し16か国中13か国が汚染国となり、この地域の罹患者数および死者数がアフリカ全体の2/3を占めるに至っている。1万人近い罹患者数が報告されている国も、セネガル、ナイジェリア、ソマリア等西部地域に多く、モ−リタニアでは1989年以来の流行となっている。また、前年患者発生のなかったチャドとザンビアでは再びコレラ禍に見舞われたが、過去2年間大流行のあったシエラレオネからは報告されていない。

 アメリカ大陸では、1992年以降罹患者数は減少傾向であり、本年その傾向は更に顕著であった。18か国から24,643名の罹患者数と351名の死者数(致死率1.4%)が報告されたが、これは前年に比して罹患者数で70%減、死者数で60%減であった。顕著な減少はペル−、メキシコ、ブラジルで認められたが、コロンビアでは増加している。また、アルゼンチンやボリビア、あるいは2年間罹患者を認めなかったベネズエラでは集団事例が発生している。

 アジア地域においても大きな減少変化がみられ、発生国数は前年より5か国少ない13か国、罹患者数は1/5の10,142名で、死者数は122名(致死率1.2%)であった。これは過去3年間多数の罹患者発生のあったアフガニスタンでの流行の終息と、中国およびベトナムでの罹患者数の大幅な減少による。他方、インド、マレ−シア、フィリピンでは依然千名以上報告されているし、モンゴルでは初めてコレラの侵襲を受け177名の罹患者と12名の死者(致死率6.8%)が報告された。なお本年も、タイおよびインドネシアからの報告はなかった。

 ヨ−ロッパからは25名の罹患者が6か国から報告されたが、ロシア連邦の1例を除き全て輸入事例であり、前年流行のあったモルドバ、ウクライナおよびル−マニアからは報告されていない。

 オセアニアからは4例、いずれも輸入事例が報告された。

 なお本年は、新型コレラ菌O139(ベンガルコレラ菌)は、1例も確認されていない。

表1我が国におけるコレラの発生状況

 

年 次 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996
輸入事例
国内事例
31( 7)
7( 0)
34(11)
4( 0)
38(13)
64( 1)
68(13)
12( 0)
72(15)
30( 6)
49(18)
3( 0)
99(16)
3( 0)
90(16)
24( 1)
341(36)
31( 5)
49( 9)
13( 1)
合 計 38( 7) 38(11) 102(14) 80(13) 102(21) 52(18) 102(16) 114(17) 372(41) 62(10)

( ):東京都分再掲

表2 世界のコレラ発生状況(WHO Weekly Epidemiological Record)

 

年 次 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996
報告国数
罹患者数
34( 0)
48,507
30( 0)
44,083
36( 2)
53,970
37( 3)
70,084
59(14)
594,69
68( 5)
461,78
78( 3)
376,84
94( 7)
384,40
78( 1)
208,75
71( 1)
43,349

( ):初めて罹患者が報告された国数

 

多摩支所 微生物研究科 山田 澄夫

 


感染症情報センターTOPへ   健康安全研究センターTOPへ」

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.