東京都健康安全研究センター
都内保健所受診者HIV抗体陽性例におけるHIVのサブタイプ解析

都内保健所受診者HIV抗体陽性例におけるHIVのサブタイプ解析(第22巻、9号)

 

2001年9月

 


 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は全世界的に流行しているHIV−1と主に西アフリカで流行しているHIV−2に大別されるが、HIV−1はさらに細かくサブタイプに分類され、サブタイプのAからJまでを含むMグル−プ、アフリカのカメル−ンで発見されたO,Nグル−プ、分類できない(unclassified)Uグル−プなどに分けられる。日本では欧米を中心に流行しているサブタイプB,タイで流行しているサブタイプEの報告が多い(図1)。

 東京都立衛生研究所では1987年以来保健所、南新宿検査・相談室などの受診者のHIV抗体検査を実施している。検査開始以来398件のHIV抗体陽性者を検出し、更にマイクロプレ−トELISA法を用いて、サブタイプB,サブタイプE,その他に分けて、HIVのサブタイプ解析を行っている。検出された398件はすべてHIV−1で、そのサブタイプはサブタイプBが314件、サブタイプEが37件、その他47件である。全体の性別では男性335件、女性49件、不明14件と男性が85%以上を占めるが、サブタイプEは、37件のうち19件と女性が過半数を占め、女性に多いのが特徴である。92年から95年についてはサブタイプE抗体陽性例の国籍・性別が判明しているが、女性は全員、アジア出身の外国人で、男性は全員日本人であった(表1)。

 2000年には67件のHIV抗体陽性者を検出し、サブタイプ解析を行ったが、そのうち性別、国籍、感染経路の明らかな59件についてサブタイプとの関連を検討した(表2)。性別は男性56、女性3と男性が大部分を占め、また国籍別では日本人が53名と多かった。サブタイプ別ではサブタイプBが54件、サブタイプEが3件、その他2件であった。サブタイプBは日本人男性と外国人の男女に見られ、最も多い感染経路は同性間の性的接触で44件であった。サブタイプEの3件はすべて日本人で男性が1件、女性が2件であった。サブタイプEに感染した男性1件の感染地はタイで、女性2件の感染地は国内である。外国人6件の国籍はスペイン、ニュ−ジ−ランド、ブラジル、アメリカ合衆国などであるが、いずれも出身国で主に流行しているサブタイプBであった。感染地が海外のものは3件で、すべて日本人男性であるが、上記タイで異性間性的接触で感染したサブタイプEの1件と、同性間性的接触でタイとアメリカ合衆国で感染したサブタイプBの2件であった。

 

図1 HIVサブタイプの分布とHIV感染者数

 

表1 HIV抗体陽性例の年次別サブタイピング

 

検査件数 B型 E型 その他
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
2000
1
0
1
1
5
24
20
27
24
44
56
62
66
67
1
0
0
1
0
13
14
19
20
34
46
50
56
60
0
0
0
0
0
6(1)*
3(2)*
2(1)*
2(1)*
1
10(8)
4(1)
6(3)
3(2)
0
0
1
0
5
5
3
6
2
9
0
8
4
4
合計 398 314 37(19) 47

()内は女性、()*内は外国人女性

 

表2 HIVのサブタイプと感染経路(2000年)

 

国籍・感染経路 サブタイプ
B型 E型 その他 合計
日本人・男同性間
異性間
両性間
41***
5
2
0
1*
0
1**
1**
0
42

7
2

日本人・女異性間 0 2** 0 2
外国人・男同性間
異性間
両性間
3
1
1
0
0
0
0
0
0
3
1
1
外国人・女異性間 1 0 0 1
合 計 54 3 2 59

*:感染地タイ、**:感染地国内、***:感染地タイ1名、アメリカ1名含む

 

微生物部 関根 大正

 


感染症情報センターTOPへ   健康安全研究センターTOPへ」

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.