東京都健康安全研究センター
2000/2001年の都内におけるウイルス性胃腸炎集団発生

2000/2001年の都内におけるウイルス性胃腸炎集団発生(第22巻、10号)

 

2001年10月

 


 平成9年から平成12年までの4年間に東京都内のウイルス性食中毒は事件数で3倍、患者数で約6倍に増加している。特に平成12年には小型球形ウイルス(SRSV)による食中毒は21件と、都内における全発生件数(110件)の約1/5を占め、腸炎ビブリオに次いで2番目であった。本号では増加しつつあるウイルス性胃腸炎の、昨年1月から本年11月までの都内における集団発生状況について報告する。

 調査期間中に集団発生426事例、検体数5,551件について胃腸炎起因ウイルスの検索を行った結果、254事例(59.6%)1,371件(24.7%)からウイルスが検出された。検出されたウイルスを種類別に見ると、そのほとんどをSRSVが占め、その他にA群ロタウイルスが10事例、C群ロタウイルスが1事例から検出された。C群ロタウイルスによる胃腸炎集団発生は、全国的に見ても報告例は少なく、東京都内においては1989年以来12年ぶりの発生であり、しかもA群ロタウイルスも同時に検出された稀な事例であった。ウイルス性胃腸炎の発生を月別にみると、SRSVによる事例は11月から3月に、また近年検出例が増加しているA群ロタウイルスによる胃腸炎は3月から5月を中心に発生しており、例年と同様の傾向であった。

 ウイルス性食中毒は、ウイルスによって汚染された食材が充分な加熱調理をされないまま提供されることにより発生する。ウイルスにより食品が汚染される原因の一つに、調理者を介した汚染が想定される。平成12年の胃腸炎集団発生では患者と調理者から同時にSRSVが検出された事例が10例あり、これらの事例で提供された食品は高校購買部の調理パン、学校給食、ホテルの宴会料理、仕出し弁当、惣菜などであった。

 この10事例について、患者と調理者から検出されたSRSVが同一であるのか調査を行った。SRSVの検査法であるRT-PCR法により得られたPCR産物について遺伝子配列の比較を行ったところ、7事例で両者は完全に一致した。これらの7事例は調理従事者によって汚染された食品を介してSRSVの感染が広まった可能性も考えられるが、その特定にはなお今後の検討が必要であろう。

 

表1 調理者からSRSVが検出された胃腸炎集団発生事例

 

事例 推定
原因食品
患者数 患者
検出数
調理者
検出数
株の
異同









10
調理パン
給食
宴会料理
仕出し弁当
仕出し弁当
宴会料理
惣菜
宴会料理
宴会料理
給食
229
35
20




14

60
15
23

























 

 

表2 都内におけるウイルス性集団胃腸炎の発生状況(2000−2001年)

 

 年 月 検索対象 ウイルス陽性 ウイルス陽性率 SRSV陽性 A群ロタウイルス陽性 C群ロタウイルス陽性
事例数 検体数 事例数 検体数 事例数 検体数 事例数 検体数 事例数 検体数 事例数 検体数
2000  1 42 467 27 149 64.3 31.9 27 149        
    2 35 371 22 104 62.9 28.0 22 104        
    3 28 347 20 100 71.4 28.8 20 100        
    4 23 391 12 81 52.2 20.7 10 59 2 22    
    5 21 405 11 68 52.4 16.8 10 48 1 20    
    6 10 221 5 28 50.0 12.7 5 28        
    7 13 206 3 30 23.1 14.6 3 30        
    8 4 15 0 0 0.0 0.0            
    9 1 48 0 0 0.0 0.0            
    10 8 223 2 40 25.0 17.9 2 40        
    11 19 238 7 68 36.8 28.6 7 68        
    12 42 454 31 107 73.8 23.6 30 106 1 1    
2001  1 49 415 43 142 87.8 34.2 43 142        
    2 36 365 31 140 86.1 38.4 31 140        
    3 24 307 11 66 45.8 21.5 6 22 5 19 1 25
    4 11 98 6 32 54.5 32.7 6 32        
    5 12 305 5 55 41.7 18.0 4 46 1 9    
    6 12 126 4 12 33.3 9.5 4 12        
    7 5 49 1 10 20.0 20.4 1 10        
    8 6 63 1 6 16.7 9.5 1 6        
    9 3 34 1 1 33.3 2.9 1 1        
    10 4 25 1 6 25.0 24.0 1 6        
    11 18 378 10 126 55.6 33.3 10 126        
合 計 426 5551 254 1371 59.6 24.7 244 1275 10 71 1 25

 

 

微生物部 ウイルス研究科 林 志直

 


感染症情報センターTOPへ   健康安全研究センターTOPへ」

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.