東京都健康安全研究センター
東京都におけるウイルス性胃腸炎の集団発生事例(2007年9月〜2009年8月)

東京都におけるウイルス性胃腸炎の集団発生事例(2007年9月〜2009年8月年)(第30巻、11号)

2009年11月


 

 冬季に流行するウイルス性胃腸炎集団事例について行ったウイルス検査成績と、検出されたノロウイルスの遺伝子型について紹介する。なお、これまで成績集計を暦年で行ってきたが、疫学的特徴を詳細に把握するため、流行期ごとに集計することとした。そのため、本年については2007年9月から2009年8月を調査期間とした結果を報告する

 調査期間中に、都内で発生した食中毒疑いを含む急性胃腸炎集団事例(1413事例)についてウイルス検索を実施した。
ノロウイルスは厚生労働省の通知によるリアルタイムPCR法、サポウイルスはOka らのリアルタイムPCR法(J.Med.Virol.2006:78,1347-1353)、A群ロタウイルスおよびアストロウイルスは市販のELISA法、C群ロタウイルスはRPHA法キットを用いて検査を行った。

 その結果、表に示すように703事例(49.7%)から胃腸炎起因ウイルスが検出された。ノロウイルスは664事例(94.5%)から検出され、このうち536事例からノロウイルスGⅡ、81事例からノロウイルスGⅠ、47事例からノロウイルスGⅠとGⅡが同時に検出された。このほかにサポウイルスが34事例、A群およびC群ロタウイルスがそれぞれ15事例と4事例、アストロウイルスが4事例から検出された。ロタウイルスは2007/2008流行期にA群・C群あわせて18事例検出されたが、2008/2009流行期にはA群1事例のみであった。

 集団事例の施設別発生状況を見ると、飲食店が最も多く516事例(36.5%)、次いで家庭内347事例(24.6%)、保育園・幼稚園・小学校184事例(13.0%)、宿泊施設106事例(7.5%)、披露宴・法事等の会食施設104事例(7.4%)、高齢者福祉施設等94事例(6.7%)、その他62事例であった。

 これまで高齢者施設における集団発生数は、保育園・幼稚園・小学校における発生数を上回っていたが、本調査期間では逆転していた。これは、高齢者施設に対して実施した各種のノロウイルス感染症予防対策が功を奏した結果と推定される。しかし、ノロウイルスは例年と同様に、保育園から高齢者施設利用者まで幅広い年齢層の患者から検出されている。一方サポウイルス、A群およびC群ロタウイルス、アストロウイルスは主として保育園・幼稚園・小学校等の低年齢層の施設における集団発生から検出された。

 検出されたノロウイルスの遺伝子型は、ノロウイルスORF2N/S領域の塩基配列による系統樹解析に基づいて決定した。
遺伝子型表記は、国立感染症研究所の微生物検出情報の記載に準じて行った。

 ノロウイルスが検出された664事例のうち、371事例について代表株を選んで実施した系統樹解析結果を図に示した。遺伝子群GⅠはGⅠ/1, 3, 4, 7, 8, 11, 14の7種類、遺伝子群GⅡはGⅡ/2, 3, 4, 6, 7, 9, 10, 12, 13の9種類に分類された。最も多かったのはGⅡ/4であり201事例(54.1%)、次いでGⅠ/4が36事例(9.7%)、GⅡ/6が35事例(9.4%)、GⅡ/3が31事例(8.4%)、GⅡ/13が23事例(6.2%)、GⅡ/2が14事例(3.8%)であり、その他の遺伝子型は10事例以下であった。これまでの報告と同様に2008年から2009年にかけて、流行の主流となったノロウイルスの遺伝子型はGⅡ/4であった。

 しかし、解析を行った事例数に占めるGⅡ/4の割合は2006/7流行期に90%以上であったのに対し、本調査期間では約50%程度まで減少した。GⅡ/4と型別された201株について系統樹を作製すると2006ヨーロッパb類似株が主で、2006ヨーロッパa類似株が2株確認され、2004年型の流行株は全く認められなかった。

 高齢者施設におけるウイルス性胃腸炎集団発生数の減少や、ノロウイルス陽性事例におけるGⅡ/4が占める割合の低下など、近年のノロウイルス流行状況には変化の兆しがうかがわれる。今後とも検出ウイルスの遺伝子解析を継続し、ノロウイルスの流行状況を把握したい。

東京都内の胃腸炎集団発生からのウイルス検索

年月 07.9-11 07.12-8.2 08.3-5 08.6-8 08.9-11 08.12-9.2 09.3-5 09.6-8 合計
検索事例数 87 294 194 126 170 280 152 110 1413
 陽性事例数  34 208*   103*  15 49  215*   69*  10  703*
ノロ GI 1 13 21 5 6 19 15 1 81
ノロ GII 30 166 55 8 41 185 42 9 536
GI+GII   20 14   2 6 5   47
サポ 2 13 4 2   6 7   34
A群ロタ 1 1 12       1   15
C群ロタ   1 3           4
アストロ     1       3   4

*: 同一事例から複数のウイルスが検出されたため、内訳の合計と陽性事例数は一致しない。

 

 

微生物部 ウイルス研究科 

 


 

感染症情報センターTOPへ   健康安全研究センターTOPへ」

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.