東京都健康安全研究センター
インフルエンザHAワクチンとは

 インフルエンザHAワクチンとは発育鶏卵尿膜腔内で増殖させた後、インフルエンザウイルスをエーテルで分解処理し、副反応に関係するとされる宿主由来脂質成分を取り除いて不活化させたもので、インフルエンザウイルスのHA(ヘマグルチニン)を含んでいます。

 現在、日本国内ではワクチンメーカー5社が製造しており、これらは薬事法で定める生物学的製剤基準に適合し、さらに国立感染症研究所による検定に合格した上で出荷されています。

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2013 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.