東京都健康安全研究センター
東京都の感染症発生状況

トピックス

現在、東京都ではインフルエンザ、麻しん、風しん、マイコプラズマ肺炎、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の感染症に注意が必要です。

インフルエンザ

graphgraph

予防について

麻しん

11月21日現在、麻しんの届出は121件あり、東京を訪れる際には注意が必要です。

graphgraph

予防について

麻しんウイルスは感染力がきわめて強く、1人の発病者から多くの人に感染します。唯一有効な予防策はワクチン接種をして免疫を予め獲得することです。

風しん

東京都内では2018年に風しんの流行がありました。11月21日現在、風しんの届出は851件あり、東京を訪れる際には注意が必要です。

graphgraph

予防について

風しんウイルスは飛沫・接触感染をおこします。予防にはワクチンが有効です。風しん罹患歴がない、または、ワクチン接種歴が1回も無い人、抗体検査で免疫がない人は、東京を訪れる際にはワクチン接種を検討してください。

マイコプラズマ肺炎

graphmap

予防について

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

graphmap

予防について

東京都感染症週報

LANGUAGE

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します ご利用にあたって
© 2019 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.