東京都健康安全研究センター
インフルエンザの流行状況(東京都 2012-2013年シーズン)

更新日:2013年9月12日

感染症発生動向調査によるインフルエンザ流行状況

都内のインフルエンザ「流行警報」 (2013年1月31日 報道発表)
都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに (2013年1月17日 報道発表)
都内でインフルエンザの流行開始 (2012年12月20日 報道発表)
(インフルエンザの流行警報は2013年第7週(2月11日~2月17日)に基準値以下になり、解除となりました)

 

インフルエンザ電子顕微鏡写真

 感染症発生動向調査では、都内約400か所のインフルエンザ定点から報告されたインフルエンザ様疾患の動向を調査しています。

 *インフルエンザのシーズンとは、毎年第36週(8月末~9月はじめ)からの1年間を示します。2012-13年シーズンは2012年9月3日~2013年9月1日です。

1 定点医療機関からの患者報告(患者報告数・年齢階級別患者割合)

2 インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(2012-13年シーズン)

3【参考1】首都圏の患者報告数 (地方衛生研究所ネットワーク)
 【参考2】平成24年度 今冬のインフルエンザ総合対策について (厚生労働省)

 

定点医療機関からの患者報告           2012年9月3日~2013年9月1日(第35週)まで

(1)インフルエンザ患者報告数(東京都:定点あたり患者報告数)

調査期間と週の対応はこちら

インフルエンザ患者報告数(2008-12年)

最新の詳しい発生状況については こちら へ(WEB版感染症発生動向調査へのリンク)

 

【グラフの見方】

 赤い太線は2012-2013年シーズン(2012年36週以降)の動向を示しています。
 都内のインフルエンザ定点医療機関*から報告された患者数を、その週の報告医療機関数で割ったものが、定点当たり報告数(人/定点)です。
 *2010年52週まで:290か所、2011年1週以降:419か所

 

【2012-13年シーズンの発生状況】
 2012-2013年シーズンは2012年第50週(12月10日~16日)に流行開始状態となり、2013年第2週(1月7日~13日)に流行注意報レベル、第4週(1月21日~27日)には定点医療機関当り患者報告数が41.3人となり、東京都全体で警報レベルに達しました。第7週(2月11日~17日)に警報は解除となりました。

 

(2)年齢階級別患者割合 

発生動向2012年

患者報告数ダウンロード

発生動向10シーズン

患者報告数ダウンロード

 

2012-13年シーズン*1 のウイルス検出状況
                                            2012年9月3日~2013年8月25日(第35週)まで

 感染症発生動向調査事業 において、インフルエンザ病原体定点医療機関(都内41か所)から当センターに搬入された検体についてウイルス検査を実施した結果です。
*集団事例におけるインフルエンザウイルス検査については、「集団等報告数」のページをご覧ください。

  

亜型検出件数 インフルエンザウイルス
AH1pdm09*2 AH1
(Aソ連型)
AH3
(A香港型)
 B 
2012-13シーズン累計 2 0

245

69

  *1 2012年9月3日~2013年9月1日
  *2 AH1pdm09:2009年に流行した新型インフルエンザウイルス

 

週別・型別インフルエンザウイルス検出状況

  AH1pdm09における耐性マーカー遺伝子検出状況

  インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(2012-13年シーズン)
   インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(2011-12年シーズン)

 

東京都におけるインフルエンザ集団事例の状況
                                          2012年9月3日~2013年9月1日(第35週)まで

 インフルエンザの新シーズンである2012年第36週(9月3日)以降の、インフルエンザ様疾患による集団事例*の報告数は以下のとおりです。

 *学級閉鎖等が行われた場合、あるいは施設等から保健所に集団発生の報告があった場合

集団発生状況

 

  保育園
幼稚園
小学校 中学校 高等
学校
その他の
学校等
医療
機関
社会福祉
施設
合計
2012年9月3日~
2013年9月1日
679 1,030 300 56 16 38 136 2,255

 

  施設数等のエクセル形式でのダウンロードはこちら

 

都内学校等におけるインフルエンザ様疾患による臨時休業報告(再掲)

 2012年9月3日以降に、インフルエンザ様疾患による臨時休業を行い、保健所に報告のあった施設数は以下のとおりです。

 

  保育園 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 その他 合計
今シーズン累計
2012年9月3日~
2013年9月1日
2 204 1,029 298 56 9 1,598
先シーズン累計
2011年9月~
2012年8月末
2 476 2,854 517 42 7 3,898

 

集団事例のインフルエンザウイルス型別検出割合 
                                                 2012年9月3日~2012年12月30日(第52週)まで

 インフルエンザ様疾患による集団事例のうち、ウイルス検査を行った結果は以下のとおりです。

*集団事例におけるインフルエンザウイルスの検査(クラスターサーベイランス)は、第50週に都内の定点医療機関あたり患者報告数が1.0人を超えたため、終了しました。

 

クラスターサーベイ

 

亜型検出数 AH1pdm09 AH1型 AH3型 B型 陰性 合計
合計 1   37 3 7 48

 

東京都における入院サーベイランス
                                          2012年9月3日~2013年9月1日(第35週)まで

2011年9月5日より基幹定点医療機関を対象とした入院サーベイランスが開始しました。
定点医療機関においてインフルエンザと診断され、入院された方についての情報をまとめています。 

 

1 入院患者報告数

入院サーベイ定点あたり:インフルエンザ定点医療機関あたり患者報告数

 

2 年齢階級別報告数

入院サーベイ年齢階級別

 

3 入院時の状況 (重複あり)

年代 1歳未満 1-4歳 5-9歳 10-14歳 15-19歳 20-29歳 30-39歳 40-49歳 50-59歳 60-69歳 70-79歳 80歳以上
ICU入室   8 3 1         1 7 6 9
人工呼吸器の利用   5 2 1           5 5 2
頭部CT、頭部MRI、脳波検査のいずれかを実施 3 25 4 1   1       4 8 12
いずれも該当せず 24 63 27 17 2 10 14 14 24 39 85 118

 

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2016 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.