東京都健康安全研究センター
インフルエンザウイルスサーベイランス(東京都2010-2011)

 感染症発生動向調査事業 において、インフルエンザ病原体定点医療機関(都内41ヵ所)から当センターに搬入された検体についてウイルス検査を実施した結果です。

 

1 2010-11年シーズン*1 のウイルス検出状況

亜型検出件数 インフルエンザウイルス
AH1型 AH3型 B型 AH1pdm09*2
2010-11シーズン累計 0 189 113 192

  *1 2010年9月6日〜2011年9月4日
  *2 AH1pdm09:2009年に流行した新型インフルエンザウイルス

   AH1pdm09における耐性マーカー遺伝子検出状況

 

週別ウイルス検出状況(2008-09) インフルエンザウイルス型別検出割合

 

年齢別検出割合(2010-11年シーズン 年齢不詳を除く)

 ウイルス検出状況を19歳以下、20歳以上の2つに分けてみると、検出割合の分布は異なり、20歳以上では新型がの割合が高くなっています。B型についても年齢による違いが見られます。

年齢別ウイルス検出状況(19歳以下) 年齢別ウイルス検出状況(20歳以上)

 

2 2009-10年シーズン*3 のウイルス検出状況

 

亜型検出件数 インフルエンザウイルス
AH1型 AH3型 B型 AH1pdm09
2009-10年シーズン累計 1 2 9 764

  *3 2009年8月31日〜2010年9月5日

   インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(2009-10年シーズン)

 

週別ウイルス検出状況(2008-09年) インフルエンザウイルス型別検出割合

 

3 2008-09年シーズン*4 のウイルス検出状況

 

亜型検出件数 インフルエンザウイルス
AH1型 AH3型 B型 AH1pdm09
2008-09年シーズン累計 224 113 102 109

  *4 2008年9月1日〜2009年8月30日

   インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(2008-09年シーズン)

 

週別ウイルス検出状況(2008-09年) インフルエンザウイルス型別検出割合

 

更新日:2011年9月28日     

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2015 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.